2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 

今日自宅に27,8年ぐらい前に働いていてくれた安○君から菓子類と一筆をしたためたお手紙を頂戴しました。

彼は化石がこの業界に入って新規開拓をしていた時、早々にお取引を開始して頂けた幡ヶ谷に有ったガソリンスタンドの専務さんのご子息で、化石の仕事ぶりを見て化石の下で働きたくなったと言って就職してくれました。

当時は日本経済がバブルに向って走っている真っ最中なので営業職を希望してくれる人は貴重な存在でした。

そして彼の仕事ぶりは素晴らしく、先輩社員があおられていました。

 

朝は8時前には出勤、資料を作って新規開拓を含め売り上げを上げる為に一生懸命でした。

当然それだけに気難しいところも有りました、我を貫く、でもこれって仕事が出来る人間の特徴で、化石自信は全く気になりません。

 
当時営業社員は彼を含め4,5人ぐらい居たと思います。
会議等で自分が頑張っているのに先輩社員が全く変わらない、そんな不満を口にしていました。

営業が増え、経費をまかなう為に化石が新規を取り営業さんに回す、営業さんはあてがい扶持の客先を回って、それが営業だと言う雰囲気。

だから化石が現役の時は自分が取引したい客先を開拓したので会社の近く、つまり都内に沢山のお取引先がありました。
しかし取引先はガソリンスタンドが多かった為、現在は本当に少なくなっています。

客先が近ければ経費も少なくてすむし、時間も有効に使えるものを、営業の使命として足らなくなった分、何とかして自分で客先を開拓し売り上げを保持する、或いは伸ばす事を考えると思うのだけど。

残念ながら今の会社の雰囲気はその当時から有ったのですね!


ある日、一緒に茨城へ出張に出かけた時、夜一杯飲んで、彼は多分仕事の話をしたかったのだろうが化石が女性が居る店に行って軟派
(スミマセン、未だ若かったのです)し始めたのを見て、自分が理想とした人間がこんな軽薄なのに愕然としたのかも知れません。

まぁ当時の化石は飛ぶ鳥を落とす位うぬぼれていたので大して気にしていませんでした。

 それから数ヶ月して彼が辞職願を提出してきました。

 

ウチの会社も40年になります、今まで就職してくれた人の中で彼みたいな人がもう1人、○原君と言う人間が居ました。

残念ながら○原君は変なセミナーを受けてから人間が変わってしまい、変人が余計変人になり退社してもらいました。

 

当たり障りの無い人間は仕事が出来ないし、人って難しいなぁ〜

 

あっそれで現在安○君は植木屋さんを設立して20年、弟子も大分成長したとの事で忙しく庭師として活躍しています。

感性が豊かな人なので良い仕事をしているのですね!頑張れ安○君!!20周年おめでとう。

u


スポンサーサイト


comment