2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 

わぁ―――本当に久し振りの書き込み。

辛い事が一杯有って書き込みする元気が無くなっていましたが久し振りに連絡した取引先の社長さんから『どうしたの?』って。

以下の文章はここ数年温めていた物に加筆したものです。

我が社も設立以来40年が過ぎました。

その間、顧みると20年前まではバブルだったんだなぁとつくづく思います。

 

我が社のメイン商品は相も変わらずBARDAHL製品です。

同じブランドの商品が爆発的に売れた訳でもないのにこれだけ長く続くと言うのも珍しいのかも?

 

売れなくてじゃない、売る能力が無くて、と言った方が正解でしょ!

確かに頭に立っている化石がここ15年、オイルケミカルに対して将来の展望を描けていない、仮に描くとしたらネガティブな物しか出てこない、こんな頭の下で働く社員は可哀想。

でもね!化石がわずかな間だが過ごしたサラリーマン時代は違っていた。

当時社長と顔を合わせるのは月に3回位、全体会議の始まる前、『化石君、来月○百万の売り上げが無いと成り立たないから』と言って仲間とマージャンに興じる為に当然会議は不在。

平日は10時頃じゃないと出社していないので顔を合わせる事はありません。その時間に化石は既に2軒ぐらいは訪問し終えています。

まぁ余り嬉しくは無かったけど、社長なんてそんなもんだと思っていたからそんなに不満も無かった。

 

だからと言って先輩が化石のまねをして働く訳じゃございません、毎日喫茶店で社長が来るまで会議?をしていましたから。

 

その結果は当然数字となって表れ1年も経たず2、3人分の売り上げを達成できるようになりました。

それが嬉しくて仕事に励み、そのお陰で26歳の若さで独立する事が出来ました。

 化石が居なくなれば必然的に会社は消滅、これって悲しいよね!

今、社名にBARDAHLの名前を付ける事が出来るのは輸入元と我が社だけ、それも頑張ったお陰かな?

 

弊社は将来を見据えて新しい事業に色々挑戦しました。

しかし柱になれる物が中々見つからず、担当者は苦労をしています。

つくづく商売の難しさを思い知らされています。

 

今、化石も一営業マンとして客先に出向きますが、何といっても辛いのは『新しい人何時入るの?』

 

尋ねる方は気楽に尋ねるが答える化石は汗が一杯(笑)

お客さんは化石が回っていると文句言いたくても言えないし、ストレスを感じてしまうのでしょうね!?

新人に担当させる客件数が少ない現状では無残念ながら人を入れても直ぐ辞めてしまうでしょう!

本来は古い人間が自分の担当を新人に回し、新規獲得に動くのだが・・・・・

能力が無いのかそれが出来ない。

 

売り上げがと悩んでいたらY部長が土木事業の人脈でソーラーの架台を固定する新規の商品を探してきました。

利益率は良くないけど会社が新たな事業を模索して行く中ではカンフル剤になるかも知れません。

希望が持てる製品です。

 

それと本業のケミカル。

自分の歴史の中で今ほどケミカルが役にたてる時代は無かったと思います。

車が望むのか適材適所に使うと違いがはっきり出ます。

 

これはBARDAHLだけの事じゃないかもしれません、何故ならカーディーラーさんでも競合他社製品がどんどん売られています。

もしかしたらケミカル黄金時代で、能力の有る営業マンだったら相当の売り上げが期待できると思います。

ただ困った事に弊社の客先の80%を占める整備工場さんがその事に殆ど気が付いていないんです、化石もその辺りは説明するのですが理解して貰えない・・・・・

 

ディーラーでメンテナンスを受けていた車が、3年、又は5年過ぎ一般の整備工場に流れて来た時、値段は安いが品質がと言う不満に陥り、だったら何処でも同じと安い所へ移動してしまうんじゃないのかなぁ?

一般整備工場が値段で勝負したらまず勝てないと思うんですけど。

 

その事をふまえ自分の会社を今後どうするか、やはりオイルケミカルはBARDAHLが素晴らしいのでこれをキチンと販売店に伝えられるように社員に勉強して貰う。

あれぇ??今までは?

ウーーーーン、どうなんでしょう!?

 

糸魚川の川口に上流から流され、角が削られ丸くツルツルした緑色の石が落ちていて、その傍には同じように丸くなった石が有る。

緑色の石は転がりながら自分でツルツルになり、それを人間が手を加えると見事ヒスイの輝きを発する。

しかし同じ場所に落ちても、属に言うごろた石はザラザラだし、幾ら磨いても漬物石位にしかならない、これって人間にも当てはまるんじゃないかなぁ。

仕事が出来る人間は自分で勉強し、スキルアップして行く。

資質が違うんだよなぁ〜?そんなことを悩みながら今年も残り5カ月弱、月日は駆け足で過ぎて行く。


スポンサーサイト


comment