2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


今朝日本経済新聞の春秋と言うコラムを見ていたら国広正雄氏に付いて追悼していました。
新聞には書いていなかったけど国広氏(以下国広先生と表記します)はアポロ11号の月面着陸の様子を同時通訳し、そして社会党の国会議員として活躍した事で知られています。
なぜ化石が国広先生の事を投稿したかと言うと、実は先生の弟(以下国広さんと表記します)さんが弊社の代理店として活躍して頂いているのです。
国広先生が参議院選挙に出馬する時、弊社かグループ全体でかは忘れたが多少の金額を寄付させて頂きました。
その時、忙しい中グループの会議中に挨拶にお見えになりました。
第一印象では清潔、頑固そんな感じの方で、当たり前かも知れませんが国広さんそっくり。

めでたく国会議員になりましたが、失礼ですけど私達には単なる国会議員としか思えませんでした。
ところが今日新聞を見て初めて同時通訳の名手、そして色々出版もしている先生だと知りました。
そんな偉い方が挨拶にお見えになっても一言も偉そうな事を言いません、威張りません。

一期で引退しましたが先生のような方が頑張っていれば政権交代時もう少しましな方向に向かったかもしれません 最近は体調を崩し国広さんが色々支えていた事は彼から聞いておりました。
84歳、今の時代では決して長生きではございません、もったいない方を失いました。

先生のご冥福を祈り、心から哀悼の意をお伝え申し上げます。


スポンサーサイト


comment